最近の投稿

重要!点火系のトラブルについて

自動車が走行する上ではガソリン車であれば、エンジンにガソリンとの混合気を噴射して点火させ、その爆発によってシリンダーを回転させ、走行のための出力に変換します。しかし、その走行のための出力を十分、効果的に得ることが出来ない状態がトラブルとして起こるケースもあります。

エンジンパワーが低下する理由としては何点か存在しますが、一番多いのがエアクリーナーの汚れです。エアクリーナーとはエンジンに空気を送り込むときに空気を通過させるフィルターのことで当然、それが汚れたら、空気が通過しにくくなるので出力不足を引き起こす可能性があります。

エアフィルターは交換することが出来るので、もしそれでも改善しないのであれば点火系の不具合を原因とする場合があります。自動車の点火系統には点火プラグがあり、そこで火花を発生させ、エンジンを起動させます。

そのためプラグ自体が不良になっていたり、点火するタイミングにズレが生じているケースもあります。他にイグナイタはイグニッションコイル1次側に電流を流す機能がありますが、点火一次系結線不良やハイテンションケーブルの漏電などによっても働かないケースもあります。

またプラグに高電圧を送るためのデストリビュータキャップの不良も存在します。いずれにせよ症状としてはエンジンパワー不足の他に、エンジンが急に停止してしまうエンストになりやすい症状が、点火系故障の特徴となります。

Comments are closed.