最近の投稿

事故の時効

加害者や加害者が加入する保険会社に対し、賠償金を請求できるタイムリミット、いわゆる時効は事故発生日から3年です。正確には、損害もしくは加害者を知った時からとなっています。物損事故や傷害による賠償は事故日から3年、死亡事故による賠償は、死亡した日から3年などとなっています。この期間を過ぎてしまうと、一切の賠償請求ができなくなってしまうので注意しましょう。

時効がもう少しして成立してしまう場合、それをストップさせることができます。これを、時効の中断といいます。時効が中断されるケースとしては、法的手段によって請求した場合に中断される仕組みになっています。その結果、裁判の判決が確定したり、和解が成立してからはこれに関する時効期間がスタートし、10年間がタイムリミットとなります。もう1つは債務の承認です。債務の承認とは、被害者に賠償請求の権利があることを加害者側が認めたときのことをいいます。例えば、加害者側が加入していた保険会社からの支払いなども債務の承認とみなされます。また、示談交渉に関する書面も債務の承認となります。口頭でも、債務の承認とみなされる場合がありますが、この場合、言った言わないの水掛け論になる可能性が高いため、書面でのやり取りが求められます。

Comments are closed.