最近の投稿

事故の相手が盗難車の場合

交差点などで後ろから衝突された時など、その時の加害者が盗難車に乗っていた場合、自賠責保険の対象にはなりません。一番いいのは盗難車を運転していた人物が払うことですが、車を盗難する人が賠償金を支払う財産を有している可能性は限りなく低いでしょう。ただ、それでは補償を受けられず、損なことしかないため、自賠責保険の対象とならない盗難車が絡んだ事故の時は政府保障事業制度によって、被害者を救済することができます。この制度では、仮に保障を行った場合には、政府が加害者側に対して損害賠償を求めることになります。その際、必要書類をまとめ、損害保険会社などに提出する必要があります。その後、保険会社の調査が行われ、国土交通省とのやり取りを経て、補償額がわたる仕組みになっています。

盗難車が事故を起こした場合、まれに所有者が過失を問われることがあります。例えば、カギをつけたままでロックもかけず、無防備な状態で置いておいたり、盗難直後に事故が起きたりなどのケースにおいて過失を問われます。その際には、所有者も賠償金を支払わなければならなくなりますが、こちらに関しては対人・対物保険の対象となるのでそこから支払われることになります。

Comments are closed.