最近の投稿

全長・全幅・全高・最低地上高の測り方

車を購入する際に、車の大きさは駐車場やその他の事情から確認されることも多いかと思われますが、正しい測り方を知っておく必要があります。
まず、全長とは、車体の先端から後端までの長さのことを意味します。なお、スペアタイヤ付きの車両の場合は、スペアタイヤを除いた状態での寸法で表すこととなっています。なお、いわゆる5ナンバーサイズとは4700mm以内で、超えた場合は3ナンバーとなります。
次に、全幅とは車体の幅のことです。この幅は、ドアミラーを含まない寸法で測ります。1700mmを越えると3ナンバーサイズとなります。なお、最近は安全上の問題等から、全幅が増える傾向にあり、コンタクトカーでも1700mmを超えるケースが多くあります。特にこの幅は、駐車場を決める際には気にしなければならない場合が多いです。
また、全高は車体の高さですが、2000mmを越えた場合、3ナンバーとなります。
最後に、最低地上高は、水平な地面から、車体の一番低い場所までの垂直な距離のことです。なお、車検等では、最低地上高は9センチメートル以上と定められています。
これらの車の大きさ等は、きちんと測っておくことで、自分の駐車場にちょうど合うサイズの車を手に入れることができます。

Comments are closed.