最近の投稿

わかりやすい!主要緒元表/寸法の見方

車には、その性能や居住性の情報をまとめたものに主要諸元表というものがあります。分かりずらい専門用語もありますが主要緒元のポイントを押さえることは新車を買う上での重要な作業でしょう。
車を購入するうえで、一番気になるのが車のサイズである寸法でしょう。全長は、車の前から後ろの最大の長さで、全幅は車の横幅で、これで5ナンバーになるか3ナンバーになるかが決まります。因みに1.7メートルまでは5ナンバーそれを超えると3ナンバーになります。
全高は、車の高さを表しこれを知っておかないと高さ制限のある場所や駐車場などで困ることになります。その他に車の重量を表す車両重量も大事で、重量税に関することや重量制限のある場所などもありますので要確認と言えます。
また、車の運動性能にかかわる寸法としてホイールベースがあります。前後のタイヤの中心間の距離を表したものですが、これによって最小回転半径も変わってきますし、走行中の揺れや騒音の大きさも変わってきます。一般に距離が離れている場合のほうが走行性は安定し、短いと揺れは大きくなりますが小回りが利きます。
タイヤに関してはトレッドと呼ばれる左右のタイヤの距離を表したものがありますがこれも一般に広いほうが小回りやコーナリング性能が上がります。

Comments are closed.