最近の投稿

運転手として意識しよう!事故になりやすい運転のしかたとは

自動車を運転していると、無意識に事故なりやすい運転をしているケースがあります。
自分では安全運転のつもりでも、意識して治さなければずっとそのまま危ない運転を繰り返してしまうのです。
それは自車だけの問題ではなく、周辺にも迷惑をかけてしまうので、避けた方がよいでしょう。
今回はどのような運転が危険かどうかを例をあげてご紹介します。
まず、長い坂道での低いギア走行をしているケースを見かけますが、これは控えるべきです。
また、渋滞時のノロノロ運転もオーバーヒートを誘発されてしまう可能性があるので、できるだけ避けましょう。
しかし、渋滞にはまってしまったらなかなか回避することも難しいため、できれば渋滞情報を見られるカーナビで情報をチェックすることをおすすめします。
このようなカーナビを使えば事前に混んでいる道路は避けることができるので、渋滞を回避することが可能です。
もちろん必然的に渋滞をしてしまう場合もありますが、もしほとんど停車した状態での渋滞のケースではアイドリングストップをすることも大切です。
心がけ次第で危険運転を避けることができますから、心当たりのある方もそうでもない方も、今一度運転スタイルを見なおしてみましょう。

Comments are closed.