最近の投稿

運転で困ったときあるある!正しい対策方法

オーバーヒートとは、エンジンが熱くなりすぎる状態のことです。通常エンジンは、冷却水によって適正な温度に保たれていますが、何らかの理由によって冷却水の温度が上がったり、ファンが作動しなかったりすることでオーバーヒート状態になります。放置しておくと重大な損傷につながる可能性があります。
オーバーヒートが起きると、走行が普段と違うと感じる人もいますが、中にはまったく気がつかずに走行し続ける人もいます。オーバーヒートしたままで走行を続けると、急にエンジンが停止してしまうこともあり危険です。そのため最近の車の多くはオーバーヒートの警告ランプが点灯するようになっています。普段点灯しないランプが点灯している時は、車を停めて説明書を確認しましょう。
もしもオーバーヒートであることが分かったら、エンジンをかけたまま、ボンネットを開けてエンジンルームの風通しを良くします。それだけで、一旦は走行できる状態に戻ることもあります。しかしオーバーヒートには必ず原因があります。一時的に正常になっても、原因を取り除かない限り、再発するでしょう。早急に整備するとともに、原因を突き止めてもらいましょう。
オーバーヒートを繰り返すと、エンジンが損傷し、最悪の場合は故障します。

Comments are closed.