最近の投稿

タルガトップについて

自動車の中にはスタイルによる分類方法もあり、その中にはオープンカーに分類されているものがります。オープンカーとして一般的に知られている自動車の場合では屋根が無い状態のスタイルです。しかし、厳密にはオープンカーであっても複数の種類に分かれていることになり、例えばフルオープンの場合ではフロントウィンドウ以外は全ての仕切りなどが無い状態を指しています。一方でタルガトップと呼ばれているものもあります。タルガトップは海外の有名高級自動車メーカーが初めて発表したことから始まったスタイルになり、多い傾向にある車種の場合では2シーターに設定されており、クーペの状態で屋根のみを取り外しできるタイプを指していることが一般的です。従って、フルオープンとは異なり、リヤウインドウやセンターピラーなどが設置されている状態になることで、キャビンの両サイドの窓を全て開ける方法で、快適な走行を行うことができます。環境次第では乗りやすい車種になることが多く、窓を閉めた状態であれば、天井部分が無いだけなので外気の影響などをあまり受けずに乗ることもできます。ボディ剛性に関してもリヤ側のピラーが設定されているので、フルオープンよりもしっかりとした作りに仕上がっていることも特徴です。

Comments are closed.