最近の投稿

サスペンション・ブレーキ・駆動方式の基本

自動車の構造は基本的な部分は昔から変わっていません。それは走行するためには足回り、駆動系、制動系というものが必要だからです。
足回りにはサスペンションがあります。これがなければ乗り心地がわるいというだけでなく、路面追従性が悪くなってしまい安定して走行することができなくなります。この方式はストラット、ダブルウィッシュボーン、トーションビームなどがあります。それぞれ特徴がありますが、一般的に多く使用されているストラットです。これは少ない部品で性能が高いのが特徴です。
制動系としてはブレーキです。これがなければ停止することができません。また性能が良くなければフェード現象といって高温になりすぎると効かなくなってしまうのです。
一般的なものはディスクブレーキと呼ばれるもので、円形のディスクをブレーキキャリパーで挟んでいて、キャリパー内にパッドがあってディスクを挟んで制動する方法です。
駆動方式としてはまずFFかFRという方法があり、フロントエンジン、フロント駆動という方法とフロントエンジン、リア駆動という方式があります。まらリアエンジン、リア駆動というRRというものもあります。
FFの場合はエンジンルーム部分に駆動系もあり、室内を広くすることができます。
リア駆動の場合は走行性能が向上します。このように駆動方式によって車の構造は大きく変わります。自動車の構造は基本的な部分は昔から変わっていません。それは走行するためには足回り、駆動系、制動系というものが必要だからです。
足回りにはサスペンションがあります。これがなければ乗り心地がわるいというだけでなく、路面追従性が悪くなってしまい安定して走行することができなくなります。この方式はストラット、ダブルウィッシュボーン、トーションビームなどがあります。それぞれ特徴がありますが、一般的に多く使用されているストラットです。これは少ない部品で性能が高いのが特徴です。
制動系としてはブレーキです。これがなければ停止することができません。また性能が良くなければフェード現象といって高温になりすぎると効かなくなってしまうのです。
一般的なものはディスクブレーキと呼ばれるもので、円形のディスクをブレーキキャリパーで挟んでいて、キャリパー内にパッドがあってディスクを挟んで制動する方法です。
駆動方式としてはまずFFかFRという方法があり、フロントエンジン、フロント駆動という方法とフロントエンジン、リア駆動という方式があります。まらリアエンジン、リア駆動というRRというものもあります。
FFの場合はエンジンルーム部分に駆動系もあり、室内を広くすることができます。
リア駆動の場合は走行性能が向上します。このように駆動方式によって車の構造は大きく変わります。

Comments are closed.