最近の投稿

それでも解決しなかった場合はどうすればよい?

自賠責保険は自動車事故による被害者に最低限の金銭的な救済を図るために設けられた強制保険ですので、被害者保護のためのさまざまなしくみが準備されています。たとえば、保険金の支払いにあたっては、自賠責保険を取り扱っている損害保険会社のほうから、その金額などを記載した書面を渡さなければならないことになっています。特に、事故によって後遺障害を負ってしまった場合には、どのような等級に位置づけられるかによって、支払額に大きなへだたりが出てしまいますので、トラブルになるやすいといえます。そこで、後遺障害の場合については、等級とともにそのように位置づけをした理由についてもあわせて記載されることになっています。もしも支払額に不満があるようであれば、この段階でなっとくできるような情報提供を求めることも、被害者の権利として保障されています。それでも不満がある場合ですが、保険会社が法令にそむいて不正に等級を引き下げたり、保険金を支払わないというのであれば、国土交通大臣への申出制度を使って、監督官庁としてしっかりと調査、是正をしてもらうという方法があります。また、手続き上は法令にそってはいるものの、ケガや障害をめぐる事実関係の解釈の違いから支払額が低くなっているというのであれば、第三者機関による紛争処理制度を用いて、話し合いでの解決を図るという方法も使えます。

Comments are closed.