最近の投稿

支払われないのが不服な場合はどうすればよい?

自動車保険に加入して運悪く交通事故に遭遇して、怪我や後遺症を負ったり、死亡した場合には原則的に保険金が支払われます。保険金の支払いについては、請求者に対して書面で交付することが義務付けられております。

ただ保険金は当然、支払われるものと思われがちですが、保険会社が契約約款などに違反していると判断した場合には支払われないケースも存在します。当然、保険金が支払われない場合には、その支払われない理由を明記した書面を交付されることとなります。

請求者がその書面を受けて納得すればそれで終了しますが、なかには納得がいかないケースもあります。そういった場合に不服を申し出ることができ、その方法としては三つの方法が存在します。

異議申立、第三者機関による紛争解決制度、国土交通大臣に対する申出制度です。異議申立においては書類で行なうことができ、自賠責共済審査会にて審査が行われます。

そして第三者機関による紛争解決は、自賠責保険の紛争処理機構が存在するので、そこに紛争処理を申請することで行なうことが可能です。公正中立な専門的知見を有する紛争処理機構が保険会社と申請者との間を調停してくれる仕組みとなります。

最後の国土交通大臣に対する申出制度は、保険会社の支払規準に違反しているケースや書面による適正な説明対応が行われていないケースなどで国土交通大臣に直接、申し出ることができる制度です。

Comments are closed.