最近の投稿

最小回転半径とは

最小回転半径とはステアリングを一杯にきって旋回した時に、外側前輪の接地面の中心が描く半径をいいます。小型乗用車の回転半径は概ね4~5m程度と言われています。これは前輪の車軸中心から後輪の車軸中心までの距離と外側前輪の切れ角から実際に計算することができます。回転半径が小さいということは=小回りが効くということでもあります。当然ながら大型乗用車より小型な軽自動車の方が回転半径が小さいのでUターン等は楽です。しかし逆に回転半径が小さいことによるデメリットもあります。それは走行安定性の悪さです。回転半径が小さいということはホイールベースが短いということと同義であり、短いことにより高速道路などでスピードを出したときに横風でハンドルを取られたり、なにもしていないのにハンドルがぶれることがあります。また小回りが効くFR駆動の車、例えばSUZUKIのカプチーノやHONDAのビートなどは冬道で運転すると、回転半径の小ささが災いして普通の一般車よりスピンしやすいので、冬道の運転は注意が必要となります。以上の知識をふまえて車の購入を検討する際には回転半径の大小など細かいところも注意して検討すると、より選び方の幅広がります。

Comments are closed.