最近の投稿

料金が発生する仕組み

高速道路を通行した時には通行料を払う必要があります。高速道路を建設する時には、道路建設費用が償還する数十年後には通行料を無料になるというふれこみですが、実際には通行料はプール制をとっていますので、新たな高速道路が建設されている限り無料になることはありません。時代とともに建設費用は高額になっていきますので、通行料も高額になることが予想され、新しい高速道路を利用するドライバーに不利益になる恐れがあります。その不公平感を無くすために料金プール制の仕組みが採用されています。通行料の支払い方法には現金と、クレジットカードと、ETCカードがあります。クレジトカードにETC機能を付帯することもできますので、ETC払いを優先することも出来ます。一度の通行で、現金とクレジット払いなど、二つ以上の支払い方法を併用することはできません。1枚のカードで複数台の支払いもできませんし、毎回通行するごとに通行料の精算が必要など、不便なところもありますが、公平を担保するためにしかたがないところもあります。サービスエリアやパーキングエリアでの買い物やレストランの利用でもクレジットカード払いができますが、この場合にはサインすることが必要です。ガーデニング03

Comments are closed.