最近の投稿

オーバーヒートはなぜ起きる?知っておきたい注意点

車を運転しているときに、エンジンの調子がおかしいなと感じたり、エアコンの効き目が悪くなったりしたことはありませんか。もしかするとそれは、オーバーヒートが原因かもしれません。オーバーヒートが起こる原因は、トラブルによりエンジン本体が熱くなってしまうからです。エンジンが熱くなる理由には、冷却水の不足が考えられます。時々ボンネットを開けて確認をしておくことにより冷却水不足は解消されるでしょう。またエンジンオイルの劣化や不足も原因となります。車の点検をするときにオイルも確認しておきましょう。汚れていたり量が少なくなる前に、新しいオイルと交換する必要があります。走行距離に合わせて交換すれば、トラブルに遭わずにすむでしょう。オーバーヒートのランプが点灯したら、車のボンネットを開け、すぐにエンジンを冷やすことです。しばらくするとランプは消えますが、何が原因か確認し、再びオーバーヒートにならないように気をつけることが大切です。エンジンが故障すれば、車は動かなくなります。日頃の点検で十分防ぐことができるので、常に車に乗る前は愛車のチェックを忘れずに行うようにしましょう。それが愛車に長く乗る秘訣とも言えるのです。

Comments are closed.