最近の投稿

泣き寝入りしないために知っておきたいこと

交通事故の被害に遭ってしまった時に、もちろん本来であれば加害者から損害賠償を請求すべきですし、しっかりと保険金を支払ってもらう必要があります。
しかし現実は、泣き寝入りになってしまうケースも結構少なくないのです。
例えば、事故を起こされてそのまま逃げられてしまい、相手の車両ナンバーも分からなければ、特定するのが難しくなります。
防犯カメラにも映っていなければ、さらに加害者を見つけるのは困難になってしまいます。
そうなると、保険金を支払ってもらうにも、証拠がないことから泣き寝入りになってしまう可能性もあるのです。
では、どうすればそういったことを防ぐことができるのでしょうか。
まず、可能な限り相手の車両ナンバーは把握しておきたいところです。
次に、できればドライブレコーダーの機能も搭載しておくことが望ましいです。
そうすれば、仮に逃げられてしまったとしても、映像としてしっかりと証拠を残しておくことができるので、後から容易に特定することができるのです。
あとは、当然ですが警察への連絡はスムーズに行うようにしましょう。
仮に小さい事故であったとしても、警察に連絡して事故証明をしてもらわないと、後になって問題が生じてしまうかもしれないのです。

Comments are closed.