最近の投稿

国土交通大臣へ申し出る手順について

自賠責保険は、法律によってすべての自動車に加入が義務付けられている強制保険ですので、いくつか運用面での公平性を担保するためのしくみが設けられています。そのようなもののひとつとして、国土交通大臣への申出制度とよばれるものがあります。交通事故に遭ったために自賠責保険への保険金請求を行って、じっさいに保険金が支払われるにあたっては、保険会社から保険金の金額、後遺障害の場合にはその等級や等級を決定した理由などが書かれた書面が交付されるはずです。また、もしも保険金が支払われない場合についても、支払われない理由を書いた書面が交付されることになっています。こうした取り決めにもかかわらず、保険会社が納得できる理由を示さなかったり、法令に違反して保険金の金額を少なくしようとした場合などには、自賠責保険を管轄している国土交通大臣に申し出ることができるのです。その手順ですが、まずは事故の日付や保険会社の名称、当事者の住所氏名、申し出る内容などを書面にまとめて、国土交通省の担当部署に送付します。国土交通省では、事実関係をくわしく調べた上で、もしも保険会社に不当なことがあれば、それを是正するようにはたらきかけることになります。

Comments are closed.