最近の投稿

気になる安全性とセキリュティ面

オープンカーは屋根がないため、開放的で爽快なドライブを楽しむことが出来るというメリットがありますが、安全性やセキュリティ面を考えた場合、このメリットが反対にデメリットになってしまいます。オープンカーの安全面で最大の問題となるのが、事故などで横転した時に重大な危険性があるということです。最近のオープンカーにはエアバッグやサイドエアバッグがついているので、昔に比べれば安全性は向上していますが、やはり屋根がついているものに比べると確実に安全性は劣ります。とはいえ、サーキットで走らせたりしないのであれば気にするほどではありませんし、ロールバーなどをつければ屋根があるものと同等の安全性を確保できます。セキュリティ面では、いたずらされたり、侵入されやすいという問題があります。現在のオープンカーには雨の日でも乗れるように、開閉できる幌がついているのが一般的ですが、幌が布などの弱い素材だといたずらで切られたり、内部に侵入されて荒らされるなどの被害に遭うリスクが高くなります。布製の幌は価格が安く、開閉の時間もかからないというメリットがありますが、セキュリティを向上させるならば金属製の幌にしたり、路上や暗い駐車場など被害に遭いそうな場所に停めないなどの対策が必要になります。

Comments are closed.