カタログ情報から新車を選ぶ

トマト新車を購入する際にカタログによる情報確認をします。
カタログにはグレードや排気量、装備、オプショナリーパーツ、価格などの各情報が掲載されており、最近の新型車では燃費もカタログ情報として掲載されていることが多いです。
とくにハイブリッド車などの場合、10・15モードやJC08モード などの聞きなれない文言で掲載されていることが多いです。
今はほとんどの車でJC08モードでの燃費情報がカタログに掛かれていますが、いったいこの数値がなんであるかわからないという人も多いでしょう。
ここでは、JC08モードについて説明することにしましょう。
1Lの燃料で何km走行できるかをいくつかの走行パターンから測定する燃費測定方法の一つで、メーカのテストコースなどでこの測定方法で計測される値です。
実際の走行となると、信号待ちや渋滞があり、アップダウンやスピードなどの条件が大きく変わるため、カタログ燃費の70%程度までが多いでしょう。
運転経路や運転スピードなどの癖も含めると60%となることもあり、カタログ通りの燃費とはいかないことが通常です。
ただ、軽自動車をはじめとするコンパクトカーの場合、車両重量の軽さから高い実績となることが多く見られます。