最近の投稿

違反後の講習と講習の種類

免許をとって違反をすると、罰金でけではなく、各種講習、さらに悪い場合には裁判や勾留ということになります。講習については免許取り消しなどの重い処分を受けた際に行われる場合と、免許の書き換えの際に罰則を受けた者用に追加で行われるものがあります。種類としては2つですが、行われる内容はかなり異なるようです。罰則を受ける理由がスピード超過等の場合は、それに合わせて、速度と死亡事故の関係についてのビデオが使われることが多く、また、酒気帯びなどの場合はお酒にまつわる事故についてのビデオが使われるようです。どの場合でも重要なのは寝ないことです。免許の書き換えで30分程度のビデオを見ることになりますが、数名の方が寝てしますようです。単なる書き換えではそれほど厳しく言われませんが、何らかの罰則を受けた者については最悪、再講習や免除が認定されないこともありますので、最低でも起きていることが必須条件です。また、書き換えとは違い、罰則が確定した場合に行われる場合は、自分の都合で日程を決められません。指定した日に受けられない場合は免除がなくなり、免停などが実行されます。30日免停の場合は1日受講すればその日の夜12時に解除となりますが、受講しなければ30日確定となります

Comments are closed.