最近の投稿

紛争処理制度とは

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法の規定によって設けられた強制保険であって、自動車事故の被害者を適切に保護するという点からの公平性や透明性が確保されているものですが、じっさいに事務を取り扱っているのは民間の保険会社ですので、ともすれば保険金の金額や後遺障害の等級認定などについて、被害者としてなっとくができないという結果に終わってしまうこともあります。こうした場合、まずは保険会社に対して異議申立てをして、保険金の認定などについての再考をうながすという方法がありますが、それでも解決困難な場合には、紛争処理制度とよばれる別の手続きが用意されています。これは自賠責保険・共済紛争処理機構とよばれる第三者組織に対して、事故の当事者やその代理人が申請できるとされているもので、具体的には、申請書や事故に関する証拠書類、参考資料を添えて申請を行います。申請があった場合、機構では弁護士や医師などの専門家からなる紛争処理委員会が開催され、事実関係にもとづいて、保険会社の決定が妥当であったのかをあらためて審査します。紛争処理委員会による審査の結果は、保険会社としても尊重しなければならないことになっていますので、もしも主張が認められれば、問題は解決に向かうことになります。

Comments are closed.