最近の投稿

法定限度額は決まっている

無保険車又は盗難車にひき逃げされ、かつ被害者に賠償能力がない場合は、自賠責保険では救済されません。無保険車とは、義務である自賠責保険にすら加入していない場合になります。また無免許運転なども、同様になります。その際は、自動車損害賠償保障法に基づき、政府の補償事業に損害賠償を請求できます。
自賠責保険と同じく、死亡や傷害に対して保障されます。
法定限度額が決められており、傷害による損害が120万円、後遺障害が75万円から4000万円、死亡が3000万円までです。被害者や遺族が申し立て、政府が損害の填補をします。その填補額を限度として、政府が被害者に変わって加害者に求償します。加害者や損害賠償責任者が国に弁済しない場合には、国が損害賠償請求訴訟を裁判所に提訴します。その後は裁判所の判決に従い、差し押さえを実施し、回収することになります。
自賠責保険と違うのは、被害者側にも過失があれば過失相殺されること、仮渡金請求や病院への直接請求ができないこと、社会保険からの給付があった際には差し引かれることなどになります。また支払いまで、
6か月から1年間程度と長期間かかることです。また親族間の事故に対しては対象となりません。

Comments are closed.