最近の投稿

日々の心がけが大事!エアクリーナーの詰まりはこれで解決

エアクリーナーは、エンジンが空気を吸気する上で通過する部品で、それによって空気中の不純物などを取り除く目的があります。つまり、不純物などが含まれた空気の吸気は、エンジンを故障させてしまうのでそれを防ぐ役割があり大事な存在です。

ただ長年、エアクリーナーを使用していると当然、様々な不純物がそのフィルターに付着することで、劣化していきます。もちろん劣化していけば、うまく吸気をすることが出来ない状態となるため、自動車が加速がしにくいパワーダウンした状態となります。

もしより良く加速させるためにはアクセルを踏むこととなりますが、空気が流入しないため、必要以上に踏むこととなり、燃料もその分、効率的に噴射することが出来ず、燃料を大量に消費してしまう状態となります。つまりポンピングロスはこの部分で発生しやすくなることとなります。

こうしたエアクリーナーの詰まりの対処法については、エアクリーナー自体を取り外して清掃を行なうか、交換するかで対処することが可能です。メーカーの標準とする交換の目安については、2年または4万km毎の走行で交換するのがベストとなっています。

但し、運転状況や走行環境などにも左右されるケースもあるため、定期的にエアクリーナーのチェックを行い汚れが酷い状態の真っ黒であれば、迷わず交換することも必要となります。

Comments are closed.