最近の投稿

変速比・減速比って何?

車にはミッションが搭載されています。ATとかMTとか呼ばれる機構です。これらはエンジンから生まれた動力をタイヤに効率よく伝えるためにギア比を使って適切な動力を伝えようとします。エンジンは出力にある一定の比率があります。そのため、回転数がある程度上がってしまうとトルクは下がるという特徴があります。そのため、適切なギア比で回転に合わせて動力をタイヤに伝えることが必要になります。ギア比では2つのギアといつも使うギアがあり、いつも使うギアを減速比として固定されています。そして他のギアは数段合わせられており、適切に選ぶ事になります。MTでは手動で選びますが、ATでは自動で選択してくれます。このギアの比率を変速比といいます。このギアは比率が決められており、ギア比が大きれば小さな力で大きなものを動かすことができますが、動く距離は短くなります。そのため、1速はギア比が大きいが前に進む距離が短く、すぐに回転が上がってしまいます。しかし、5速や6速では回転数が低くても速度は速いです。エンジンの出力に合わせてそれぞギア比が変わって来る理由はエンジンの特性による違いと、スポーツタイプとエコな車とでの出力の違いなどもあります

Comments are closed.