最近の投稿

変速比で何が分かる?

世界で生産されている自動車には、様々な種類のものが有ります。
最高速を競うレース仕様の車から、幅広い速度に対応する事が求められる乗用自動車、更には力強い走行性能を求められる貨物輸送用の自動車まで、必要とされる用途に応じて様々な工夫がそれぞれの車種に施されているのです。
勿論、エンジン性能にも違いは有りますが、同程度の能力を持つエンジンを積んだ自動車でも、使用される状況によって異なる走行性能が持たされています。
この違いは、自動車のどの部分の違いによって産み出されているのでしょうか。
殆どの自動車は、エンジンの回転をギヤによってドライブシャフトに伝え、車輪を回転させることによって走行する仕組みになっています。
更に、このギヤも1台の車に何種類ものギヤを備え、用いるギヤによって、エンジンが同じ回転数で回転していたとしても速度やトルクを変化させる事ができるのです。
この、エンジンとドライブシャフトの回転数の比率を変速比と言い、小さければ小さいほどエンジンの回転数に対してドライブシャフトの回転数は上がらず、強いトルクを得られる仕組みになっているのです。
つまり、この比率を見れば、その車はどのような状況で走行させることを想定しているのかがわかるのです。世界で生産されている自動車には、様々な種類のものが有ります。
最高速を競うレース仕様の車から、幅広い速度に対応する事が求められる乗用自動車、更には力強い走行性能を求められる貨物輸送用の自動車まで、必要とされる用途に応じて様々な工夫がそれぞれの車種に施されているのです。
勿論、エンジン性能にも違いは有りますが、同程度の能力を持つエンジンを積んだ自動車でも、使用される状況によって異なる走行性能が持たされています。
この違いは、自動車のどの部分の違いによって産み出されているのでしょうか。
殆どの自動車は、エンジンの回転をギヤによってドライブシャフトに伝え、車輪を回転させることによって走行する仕組みになっています。
更に、このギヤも1台の車に何種類ものギヤを備え、用いるギヤによって、エンジンが同じ回転数で回転していたとしても速度やトルクを変化させる事ができるのです。
この、エンジンとドライブシャフトの回転数の比率を変速比と言い、小さければ小さいほどエンジンの回転数に対してドライブシャフトの回転数は上がらず、強いトルクを得られる仕組みになっているのです。
つまり、この比率を見れば、その車はどのような状況で走行させることを想定しているのかがわかるのです。

Comments are closed.