最近の投稿

ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングとは

スポーツカーや高級車によく採用されるダブルウィッシュボーン式コイルスプリングとは、上下一対のアームでタイヤを支える仕組みの独立懸架方式のサスペンションのことを言います。上下一対のアームが鳥の骨のような形をしていることから、ダブルウィッシュボーンと呼ばれるようになりました。

このサスペンションの特徴は、アッパーアームとロワアームが地面に対して並行になっており、上下から挟み込むような形で、車軸が支えられています。そのためにクルマが上下に揺れるような場面でも、タイヤは路面に対して垂直に保たれ、フラットな乗り心地を実現します。前輪だけダブルウィッシュボーン式を採用する場合もあれば、4輪ともダブルウィッシュボーン式を採用する場合もありますが、コスト面で割高になってしまうために、非常に優れたサスペンション形式でありながら、主に高級車や高級スポーツカーに採用されることが多いです。

また、フォーミュラーカーのような究極のスポーツカーでも、このダブルウィッシュボーン式が定着しています。フォーミュラーカーと普通自動車は構造が全く違いますが、タイヤとアームがむき出しになっているので、構造が目で見ることができます。スポーツカーや高級車によく採用されるダブルウィッシュボーン式コイルスプリングとは、上下一対のアームでタイヤを支える仕組みの独立懸架方式のサスペンションのことを言います。上下一対のアームが鳥の骨のような形をしていることから、ダブルウィッシュボーンと呼ばれるようになりました。

このサスペンションの特徴は、アッパーアームとロワアームが地面に対して並行になっており、上下から挟み込むような形で、車軸が支えられています。そのためにクルマが上下に揺れるような場面でも、タイヤは路面に対して垂直に保たれ、フラットな乗り心地を実現します。前輪だけダブルウィッシュボーン式を採用する場合もあれば、4輪ともダブルウィッシュボーン式を採用する場合もありますが、コスト面で割高になってしまうために、非常に優れたサスペンション形式でありながら、主に高級車や高級スポーツカーに採用されることが多いです。

また、フォーミュラーカーのような究極のスポーツカーでも、このダブルウィッシュボーン式が定着しています。フォーミュラーカーと普通自動車は構造が全く違いますが、タイヤとアームがむき出しになっているので、構造が目で見ることができます。

Comments are closed.