最近の投稿

ディスクブレーキとドラムブレーキのポイント

ブレーキシステムは、「ドラム」と「ディスク」に大別できます。ドラムブレーキは、車輪の内側に付けられているドラムの内側にブレーキシューが装着された形状です。ブレーキシューを内側から外側へ圧着させて、ブレーキを掛けます。作りがごく簡単なため、比較的安価です。しかし熱が逃げにくく、フェード現象やパーパーロック現象は置きやすくなります。それらの現象が起きれば、ブレーキを掛けても車は制御されなくなってしまいます。そのため、前輪はディスク、ドラムは後輪といった車が多く見られます。ディスクブレーキのシステムは、走行中は車輪と一緒に回転しているディスクローターをブレーキパッドで挟むことでブレーキを掛けます。挟んだ時に発生する摩擦力が制動力を生み、放熱性にも優れています。水分や汚れもはじきやすくなっていますので、これらの要素によって制動力は安定し、高速走行時にも信頼性が置けます。ただしブレーキパッドにはその摩擦材によって許容範囲が違い、その温度を超えれば制動力が大幅に下がってしまいます。フェード現象が始まるフェードポイントもありますので、充分に注意し、フットブレーキだけに頼らない走行に心がけることが必要です。

Comments are closed.