最近の投稿

Archive for the ‘未分類’ Category

気になる安全性とセキリュティ面

オープンカーは屋根がないため、開放的で爽快なドライブを楽しむことが出来るというメリットがありますが、安全性やセキュリティ面を考えた場合、このメリットが反対にデメリットになってしまいます。オープンカーの安全面で最大の問題となるのが、事故などで横転した時に重大な危険性があるということです。最近のオープンカーにはエアバッグやサイドエアバッグがついているので、昔に比べれば安全性は向上していますが、やはり屋根がついているものに比べると確実に安全性は劣ります。とはいえ、サーキットで走らせたりしないのであれば気にするほどではありませんし、ロールバーなどをつければ屋根があるものと同等の安全性を確保できます。セキュリティ面では、いたずらされたり、侵入されやすいという問題があります。現在のオープンカーには雨の日でも乗れるように、開閉できる幌がついているのが一般的ですが、幌が布などの弱い素材だといたずらで切られたり、内部に侵入されて荒らされるなどの被害に遭うリスクが高くなります。布製の幌は価格が安く、開閉の時間もかからないというメリットがありますが、セキュリティを向上させるならば金属製の幌にしたり、路上や暗い駐車場など被害に遭いそうな場所に停めないなどの対策が必要になります。

使い方が天候に左右される~趣味限定?それとも2台目?

屋根がついていなかったり、あるいは屋根を取り外したり収納したりできるオープンカー。屋根がないことで開放感や爽快感がアップし、運転をより楽しむことができますし、格好良いイメージがあるので憧れを持っている人も多いでしょう。しかし、屋根がないため使い方が天候に左右され、オープンした状態でドライブを楽しみたいと思っていても、雨や雪の日には走ることができないという欠点があります。季節によっては運転がつらい場合もあり、冬に寒いのはもちろん、夏は直射日光をもろに浴びるため、運転中に日射病や熱中症などになってしまう恐れもあります。最近はほとんどに開閉できる幌がついており、雨や雪の日でも走ることができるようになってはいますが、幌は布やビニール1枚で出来ているものが多く、保温性はどうしても悪くなってしまいます。さらに、オープンカーは2シーターのものが多く、内部のスペースが狭いので、幌を閉めた状態でのドライブはあまり快適とは言えません。また、幌を開けた状態でも砂やホコリが入ってきたり、鳥の糞が落ちてきたりして汚れてしまうということもあります。こうした欠点があるのでオープンカー1台で生活していくのは難しく、あくまでも2台目や趣味用の車と言えるでしょう。

オープンカーの欠点

男性なら誰でも一度は憧れたことがあるであろうオープンカーですが、カッコイイ見た目とは裏腹に意外な弱みやウィークポイントがあるのです。
オープンカーの最大の長所とも言えるのが、その開放感や風を感じながらの爽快なドライブであり、オープンカーの魅力としても一番に挙げられるでしょう。
しかしその開放感は裏を返すと車内が吹きさらしの状態となっているため、埃や汚れなどが溜まりやすい状態とも言えます。
また最近はゲリラ豪雨など局地的で急な雨も多く、幌を閉めるのが遅れるとビショビショになってしまうなんてこともありえます。
そういったことからも多少値段は高くなりますが、ワンタッチで瞬時に幌の開閉ができるタイプのオープンカーを選んだ方が良いと言えるでしょう。
雨や雪などの悪天候の時は幌を開けるわけにもいかないですし、幌を閉めた状態のドライブは意外と後方の視界が悪くなって、オープンカーの運転に慣れていないと少し運転のしにくさを感じるかもしてません。
そしてオープンカーは基本的にはスポーツタイプなので、ツーシーターのものが多く、3人以上でのドライブはできないと考えた方が良いです。
それに伴って収納スペースも狭いので、大きな買い物や旅行などには不向きになるでしょう。
開放感、爽快感のあるオープンカーですが、弱みもよく理解して運転を楽しむことが大切だと言えます。

趣味性の高いユーザーに根強い人気なんです

オープンカーと言えば、趣味性の高さに定評のある人気の車です。デザイン、機能、使い勝手、どこをとってもまさしく趣味性の塊と言ってもいいでしょう。
なんといっても魅力的なのはその解放感です。広大な空を眺めながら風を切って走る感覚は、屋根のないオープンカーならではで、屋根があってはまず味わえません。清々しい季節に空気の良い場所をドライブすれば、その感動はひとしおです。また、エンジン音や排気音、砂利を跳ね上げる音などがダイレクトに聞こえるので運転しているという感覚がより強くなり、ミッション式のギアならさらに趣味性が高まります。
もちろん、街中でも楽しいのがオープンカーです。オープンカーに乗って走り抜ければ、いつもの景色も違って見えます。街行く人々の注目を集めること間違いなしです。コレクション的な価値もあるので、ドライバー自身も所有しているだけ、眺めているだけでも楽しく、お手入れも苦になりません。
また、開閉式の屋根がついているものなら2つの違った表情が見られるので、実用性が上がるだけではなく1台で2度おいしいのも魅力です。自動開閉式のものを信号待ちなどのちょっとした時に開閉すればさらにスタイリッシュですし、手動開閉には他にはない味があります。

風を切る開放感!走りを楽しみたいなら

オープンカーの魅力はなんと言っても風を切って街を走る、開放感と爽快感ではないでしょうか。
オープンカーは見た目も良くデートにも持って来いの車とも言えますし、結婚後やお子さんをお持ちの方もセカンドカーとしてオープンカーを購入して、その開放感たっぷりの走りを堪能しているオーナーがたくさんいます。
冬でも晴れの日には多少寒くても幌を開けて陽を浴びながらのドライブが楽しめますし、春夏秋冬と日本の四季や自然を直接感じることができるのはオープンカーならではのメリットです。
オープンカーはツーシーターで荷物の積み込みや家族での移動が困難と思われがちですが、最近はフォーシーターのオープンカーも増えているので実用的でカッコよく楽しいドライブをすることもできます。
荷物の積み込みも日常の買い物くらいなら置き場に困るということも少ないですし、オープンカーにはそんなデメリットを補って余るくらいのメリットがたくさんあります。
桜の季節や紅葉の季節、海岸線など夜景のドライブはもちろん、普通のドライブだと退屈なトンネルの景色もオープンカーなら街灯や照明の流れていく景色の美しさを感じることもできます。
オープンカーなら自然をそのまま感じる、開放感のある走りを楽しむことができるでしょう。

オープンカーの利点

オープンカーというのは実用性に少し欠ける嫌いにありますが、その一方で趣味性の面を見れば非常に強みのあるものとなっています。
まず、オープンカーの強みとしては開放感があり、楽しいドライブを味わうことが出来るという点にあります。
どれだけ天井の高くても、オープンカーの青天井にはかないませんから天気の良い日などには開放感たっぷりの空間で、ドライブを楽しむことができます。

次に走行性能が高いものが多いので、そのような面でも走りを楽しむことが出来る利点があります。
オープンカーは運転する楽しみを重視したものとなっているので、とにかく走行性能が重視され意のままに操ることが出来る操作性にセッティングされたものが数多くあります。
必ずしも馬力が出るといったものや、スピードが出るといったものばかりではありませんが、運転手の意のままに操ることが出来るように作られているので、思い通りの運転を楽しむことが出来るというのがオープンカーの強みとなっています。

このようにオープンカーは日常生活での使用には不適な部分が多くても、運転をすることに関する楽しさという点では図抜けた性能を持っているので、車を趣味として考える人には最適のものとなっています。

Tバールーフについて

Tバールーフは1970年代から1980年代にかけて流行したオープンカーの形態の一つです。ルーフの中央部だけをTの字に残して取り外すことができるのが特徴で、ルーフを付けている時はクーペのように使用することができます。なぜ、Tバールーフが流行したのかというと、アメリカにおいて安全基準が厳しくなり、フルオープンの状態だと基準をクリアできなくなってしまったことが大きな原因です。ルーフの一部を残すことによってボディ剛性を高めることができました。オープンの状態だとオーディオやエアコンの意味がなくなってしまうという印象が消費者の間に広がり、オープンカーが敬遠され始めたことも原因の一つだと言われています。

また、オープンカーに比べると、Tバールーフ車は設計やデザインがノーマルルーフを踏襲することができるためにコストの面でも有利でした。しかし、ユーノス(マツダ)ロードスターが世界的に大ヒットしたことから、再びオープンカーが見直されるようになり、また電動でルーフを格納することができる技術が生まれるなどもあって、現在はTバールーフを採用しているクルマは現在製造されていません。ちなみに、最初にTバールーフを採用したのはシボレー・カマロです。

タルガトップについて

自動車の中にはスタイルによる分類方法もあり、その中にはオープンカーに分類されているものがります。オープンカーとして一般的に知られている自動車の場合では屋根が無い状態のスタイルです。しかし、厳密にはオープンカーであっても複数の種類に分かれていることになり、例えばフルオープンの場合ではフロントウィンドウ以外は全ての仕切りなどが無い状態を指しています。一方でタルガトップと呼ばれているものもあります。タルガトップは海外の有名高級自動車メーカーが初めて発表したことから始まったスタイルになり、多い傾向にある車種の場合では2シーターに設定されており、クーペの状態で屋根のみを取り外しできるタイプを指していることが一般的です。従って、フルオープンとは異なり、リヤウインドウやセンターピラーなどが設置されている状態になることで、キャビンの両サイドの窓を全て開ける方法で、快適な走行を行うことができます。環境次第では乗りやすい車種になることが多く、窓を閉めた状態であれば、天井部分が無いだけなので外気の影響などをあまり受けずに乗ることもできます。ボディ剛性に関してもリヤ側のピラーが設定されているので、フルオープンよりもしっかりとした作りに仕上がっていることも特徴です。

オープンカーの種類と歴史

人が車輪を使って物を運び出したメソポタミア文明、紀元前3千年頃から進む事5千年の20世紀に、オープンカーの歴史は始まりました。メーカーによって呼び名は様々ですが、その種類は見た目からと、屋根についての考え方の、それぞれを2つずつに分けられます。まず屋根の見た目からの分類ですが、ソフトトップとハードトップ、ソフトは天井部分を布などの幌を使うタイプで、ハードの方は主に金属のパーツから屋根が作られているものをそう呼んでいます。そして、屋根についての考え方で分類する場合は、最初からオープンカーがどのような状態でデザインされているか、コンセプトの違いで分類ができます。まず、コンバーチブルを代表としたタイプは、初めから屋根がある状態でデザインし、バリエーションとして屋根を取り外しできるようにしています。基本的な考え方でいうと、人を乗せる部分と別に屋根を考え、一緒に使う事ができるように作られているタイプです。そして次のタイプは、最初からオープンな状態でデザインされているタイプのロードスターです。これは屋根をつけるのはあくまで雨風を避ける時だけであって、外して走る事を前提にデザインされているタイプです。

爽快な解放感!オープンカーの魅力

犬13自動車の外装部分は、種類によって様々なものがありますが、その中でも特に特徴的なものがオープンカーです。
これは屋根の部分を完全に取り払った状態で走行することができるもので、日差しや風など、自然をダイレクトに楽しめる開放感があるのが大きなメリットです。
オープンカーの種類も様々なものがあり、スポーツカータイプの物から、オフロードカーまで、幅広い選択肢があります。
オープンカーは、雨天時などの場合には屋根を取り付けて使用することもでき、その屋根も幌でできているソフトトップと呼ばれるものと、FRPなどや金属製のハードトップと呼ばれるものがあります。
どちらも取り付けや取り外しには若干のコツが必要になりますが、最近の物では電動で自動的に開閉できるものが主流となっています。
種類によってはリアウインドウがビニールなどの素材でできているものがあり、通常のガラスに比べると視認性が劣ったり、結露しやすいなどの難点がある場合もあります。
その点、ガラスを使用しているものであれば、視認性も良いですし、結露を防ぐデフォッガーなども装備されているので安心です。
雨や雪などが強く降っている時には屋根をオープンして走行することはできませんが、少しくらいの雨であればそれほど濡れる心配もありません。