最近の投稿

ベンチレーテッドディスクとは

ベンチレーテッドディスクはディスクブレーキの1つで、ブレーキングの時にブレーキパッドが挟み込むブレーキローターを通常の1枚から2枚にし、その間に空間を作ることで放熱性を高めたブレーキシステムの事です。放熱性を高めることでブレーキの際に起こりやすいフェード現象やペーパーロック現象を防ぐことができます。山道の下り坂でフットブレーキを頻繁に使うと摩擦熱でブレーキが効きにくくなったりします。この現象がフェード現象です。熱が逃げにくいドラム式ブレーキが主流の頃にはよく起きた現象です。ただ今でも一部のFF車や軽自動車ではドラム式が使われています。FF車の場合駆動輪である前輪が主ブレーキになりますがこれにディスクを使い、後輪はドラム式ブレーキを使ったりします。ディスク式はドラム式に比べて高価になるため後輪だけはドラム式を使い車両価格を下げ、コンパクトカーとして売り出されています。しかし全てのコンパクトカーが前輪ディスク、後輪ドラムというわけではなく、走行性能を売りにしているコンパクトカーや軽自動車でも4輪ディスクの場合があります。現在はブレーキシステムも進化していて、ディスクブレーキにも片押し2POTや対抗4POTなどのブレーキもあります。

Comments are closed.